赤ちゃんへのオリゴ糖の飲ませ方は?

オリゴ糖を赤ちゃんに飲ませるときの飲ませ方ですが、どのような方法でも問題はありません。

ミルクに混ぜたり、白湯に混ぜたり、離乳食に混ぜたりなど、赤ちゃんが好む方法や与えやすい方法で大丈夫です。

またヨーグルトを食べられるようになっていれば、ヨーグルトにオリゴ糖をかけて食べることで、ヨーグルトの乳酸菌と合わせてお腹の調子を整える効果が高まるかもしれません。

オリゴ糖自体がほんのりとした甘さなので、どのようなものに混ぜても摂取しやすいことと思います。

また量も赤ちゃんの場合は1日1g程度からはじめますから、甘さが癖になることなどを心配しすぎる必要もありません。

オリゴ糖の量を少し増やす場合の飲ませ方ですが、これについては一回の量を増やすというより、回数を増やすほうが良いようです。

たとえば、1gを2回、時間を空けて飲ませるなどです。

早く効果が現れるのを期待して一度にたくさん飲ませる飲ませ方よりは、一定の量を毎日コツコツ続けたほうが、腸内環境を改善する上では効果的のようです。

飲ませるタイミングについては、ピッタリのタイミングは人それぞれのようですから、朝にあげてみたり、昼にあげてみたりと少しずつ変化させてみて、様子を観察するのがよいかも知れません。

母乳にも含まれるオリゴ糖ですから、乳児でも安心して与えることができますし、体に負担を与えずに便秘が改善されるというわけです。

ところで、オリゴ糖が便秘によいといわれるのはなぜでしょうか?

それは、オリゴ糖が腸内細菌であるビフィズス菌のエサとなるものだからです。

一般的に乳児の腸内では、善玉菌であるビフィズス菌の割合が圧倒的に高いので、便秘や下痢にはなりにくい傾向にあります。ビフィズス菌が生成する酸が腸の働きを正常に保ってくれるからです。

でも、出産時の状況やその後の生活環境によって、また病気になることや離乳食の開始をきっかけとして腸内環境のバランスが大きく変化することがあります。

便秘を何度か繰り返すということは、そのような変化によってビフィズス菌が弱まっているサインでもあるのです。

オリゴ糖を体内に取り込むことで、ビフィズス菌は再び元気を取り戻し、腸の働きを正常に保つために元気に働いてくれますから、便秘の改善も期待できるというわけです。乳児の湿疹をケアするポイント